ホームはり・きゅうは痛い?

はり・きゅうは痛い?

「はり、きゅう」に対してあなたはどの様なイメージがありますか?

「はり」は痛そうで怖い!
「きゅう」はとにかく熱いに違いない!だってお父さんやお母さんの腕や足に残っている火傷の痕!あれは昔、いたずらしたお仕置きにされた「お灸」の痕だって…。

「はり、きゅう」を経験されたことのない人の多くは「はり」は痛いところを鍼(はり)で刺して治療する…。 「きゅう」は痛いところを灸(きゅう)で火傷させて治療する…。いずれにせよ痛そうで怖いな…。治療してもらうのは結構勇気がいる…。

というような治療法に対する不安を訴えられます。

で、結局「はり、きゅう」は痛くて怖いのか?答えは…

痛くも怖くもない治療法があります!

もっと正確に言わせていただくと「痛くない治療法」(弱い手技)<<<「痛みを伴う治療法」(強い手技)までひと言で「はり、きゅう」と言っても多くの治療法があるのです。

詳しくは当院の治療法のページで!

ページトップへ
Copyright (C) つじもと鍼灸院 All Rights Reserved.